◆ 定例研究会とは?

メンテナンス研究会のメイン活動は、「定例研究会」の開催です。 毎回、多彩な講師をお招きしたり、参考になりそうなトイレ清掃現場に視察に伺ったり、工場を見学したり…という具合です。年に4~5回程度、平日に都内近郊で行うことが多く、全国から参加者が集まります。毎回の参加費は2000~3000円で、20名~30名が集まります。講師は会員の方だったり、現場の清掃員だったり…。  業種や立場を乗り越え、忌憚なく意見交換できることは、とても有意義であり、世界的にも珍しいと思います。

<近年の開催テーマ>

開催日テーマ(リンク先は開催概要ページ)
199回2024.5.27インドのトイレ旅とメンテナンス   
198回2024.4.23第一部:業務用トイレブラシの開発について
第二部:メンテ研30周年記念サイト「人とものと水との関わり」記念プレゼン
197回2024.2.27下水管のメンテナンスおよび震災後対策を学ぶ~厚木の杜視察~
196回2023.8.25「公共トイレにおける清掃員の性別調査」中間報告会
195回2023.6.1トイレの利用データを活用した、混雑抑制と付加価値創出の取り組み
194回2023.2.3清掃業者が知りたい便器の釉薬と部材の知識
193回2022.10.27第38回全国トイレシンポジウム 〈メンテ研30周年記念事業として企画〉
テーマ:SDGs時代のトイレとメンテナンス
192回2022.5.13トイレのメンテナンスをDX刷新する、LIXILの次世代ソリューションとは
191回2022.2.21令和時代の男性トイレのメンテナンスのあり方とは?
190回2021.11.4「THE TOKYO TOILET」(東京都渋谷区)の公衆トイレ視察
189回2021.8.3トイレメンテナンスワーカーの満足度(TS)向上を目指した
作業環境改善の意見交換会
188回2021.5.24トイレ用洗剤のサイエンス
187回2021.3.3モート社会における、トイレメンテナンスの可能性と課題
186回2020.12.16抗ウィルス対策をしているトイレメンテナンス事業者の
中間報告&提案発表会
185回2020.9.28全国の熱血トイレ活動家によるトイレ活動とメンテナンスについて
184回2020.6.23新型コロナウィルス感染期における、
トイレメンナンスやその事業での問題や課題を振り返る
183回2020.2.18令和時代の『トイレ メンテナンス マニュアル』の作成と作業員の採用と教育について
182回2019.8.29温水洗浄便座の清掃について ~実施報告と意見交換~
181回2019.6.28一般家庭における水漏れやトイレの詰まりの実態と公共トイレの課題について
180回2019.3.6トイレメンテナンスから変わった、現場の維持管理と清掃員の意識
~中日本ハイウェイ・メンテナンス中央(株)とトイレ診断士の挑戦~

    

◆過去の定例研究会のテーマ一覧

メンテナンス研究会では、発足以来27年間に渡り、さまざまな課題を取り上げてきました。その開催一覧のタイトルを見るだけでも、トイレの維持管理の奥深さや難しさを知ることができます。
以下は過去のテーマの一覧(PDF)です。

  ■定例研究会の一覧(PDF) 
     https://www.toiletmaintenance.org/wp-content/uploads/2024/07/5aab0fd6f9ee3decacea161580eca80c-1.pdf
     <第1回(1992年)~第199回(2024年7月18日時点)が掲載>

報告レポート(講演録)

報告レポート(=講演録)が一部残っている物は自由にご覧いただけます。
詳細はこちらです。
https://www.toiletmaintenance.org/wp-admin/post.php?post=225&action=edit
 <おことわり>
  ・内容は、開催当時のものです。内容・講師の肩書・商品名等はそのまま掲示しております。
  ・著作権は、(一社)日本トイレ協会 メンテナンス研究会に帰属しております。
  ・参考資料として転記する場合には、必ず以下のように明記してください。
   「(一社)日本トイレ協会 メンテナンス研究会 
      報告レポート第●●回(●●年●月●日開催)より引用」

◆参加方法

定例研究会には、どなたでも参加できます。
このホームページや、(一社)日本トイレ協会の公式ホームページに紹介された際に、指定の方法で期日までにお申し込みください。なお、中には会員限定企画や、会員優先企画もございます。人数制限がある場合もあるので、早めにお申し込みください。(当日のいきなりの参加は、配布資料やお席の準備が整わないので、なるべくお控えていただいております)

なお、参加費は原則、以下の通りです。
   ■メンテナンス研究会賛助会員…2000円/人
      ※法人会員は3名まで2000円。4人目からは日本トイレ協会会員価格。
      ※個人会員は、会員本人のみ上記価格の対象(代理者は以下の価格帯となります)
   ■(一社)日本トイレ協会の会員(会員種別に関係なく)
      2500円/人
   ■一般(会員ではない方)
      3000円/人 ただし学生は1000円